FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Luiです!

GUIが完成しました!!!!



2017-11-03.jpg


良いですね~(自画自賛)


左下の土星はHPゲージで、ピザみたいに欠けていきます(多分この言い方で伝わる)

今は単色塗り潰しですが、後ほどグラデーションで美しくなる予定らしいです

重ねて映っているコンソールには目を瞑ってください


右下の水色円はチャージゲージです!チャージが溜まるほど塗り潰されていきます。

実際にやってみると中々見ていて気持ち良いです。


また、背景が真っ黒で見えませんが、実はチャージゲージの外側に速度ゲージがあります!

速度ゲージはそのままですね…その下に出る速度に従って塗り潰されていきます。


・・・と言葉で説明するより図解の方が何倍もわかりやすいですね、失礼しました!

当日はルール、アイテム説明、GUIの見方など、誰でも瞬時に理解できるような図を飾るつもりなのでよろしくお願いします!





スポンサーサイト
またまたお久しぶりです。Luiです。

デジゲー博直前にてゲームタイトルが決定しました!


チーム内で各自いくつか候補をあげて投票をするという形式を取りましたが、これが意外と大変でしたね…

初戦を決勝として1発で決めるつもりでしたが、候補が多く投票もバラける事態に。

結果準準準準決勝くらいからやってたんじゃないかっていうレベル。


その厳しい戦いを潜り抜け冠を取ったタイトルの名は「LightningGravity」(略してライグラ)


めっちゃ厨ニっぽくてかっこいいと思います!(誉め言葉)

略して「らいぐら!」にすると柔らかい感じで良いですね、たった今思いつきましたが手遅れでした。


ちなみにライグラになった理由(由来)は、白チームと黒チームのキャラ(ボール)を電磁気力と重力を伝達する素粒子の光子と重力子に見立て、電磁気的な電光(Lightning)と重力(Gravity)を合わせることで世界観を分かりやすくするためです。要するにミクロの世界での覇権争いするイメージですね。
ちなみに最近、キャラをボールではなく全然別の人型新デザインに変えてたりしてます。タイトルと矛盾が出ちゃったので即席で電磁気力使い・重力使いのキャラクターという設定にしたのはまた秘密…
Cincです。

せっかくのゲーム開発ブログなので、毎週行っているミーティングごとに記事を書いていこうと思います。


これまでの進捗


超ざっくりとまとめます。

  • 基本的なゲームシステムの実装
  • ネットワークによるプレイヤーの同期実装

が終わったところです。本当にざっくりですね。とりあえず今現状のゲーム画面を載せておきます。

現状のゲーム画面
CTM_ss_meeting20_1 
画面真ん中の水色ボールがプレイヤーで、それとは別にたくさんあるボール状の物体がアイテムです。アイテムの上部には種類を表すラベルが表示されてます。アイテムは取得するとプレイヤーのパラメータが上昇します。左上が残り時間、右下が体力とチャージ量、速度を表すメータです。

……凄まじく雑な説明ですが、ゲームが遊べる状態まで完成したタイミングでゲーム内容についてまとめた記事を書く予定なので、許してください🙇🙇🙇


今回の進捗


前回ミーティングからの進捗と担当者を列挙しておきます。

  • 前回ミーティングで決まった変更点を反映(Cinc)
  • 攻撃を受けたときややられた時のアイテムドロップを実装(Cinc)
  • クライアントで弾の発射位置がずれるバグを修正(Cinc)
  • ゲーム画面のGUI用素材作成(S丼)
  • 戦闘BGM作成[途中](Lui)
  • アイテム取得・爆発エフェクト作成(Van)

BGMはサビが思いつかず難航しているようです。GUIもなかなか時間がかかっていますが、途中経過を見た限りではかっこいいものができそうだと期待しています。


進行中タスク


進行中のタスクは以下のとおりです。来週までにゲームを一通り遊べる状態にします。

  • ゲームの終了判定、ゲーム開始から終了までの流れを実装(Cinc)
  • ゲーム画面のGUIを作成(S丼)
  • 戦闘BGM作成(Lui)
  • 照準画像の作成(Van)


決まったこと


  • ゲームのテストを行うことを目的として、これからテスト会を不定期に行う
  • 次回ミーティングでゲームの正式タイトルを決めるので、それまでに各々候補を投稿する

現在制作しているゲームはネットワーク対戦前提のゲームなので、一人でテストしているだけではネットワーク対戦でのバグなどが見つけられず、ゲームのバランス調整も行えません。そこで、メンバーで時間を合わせてテストを行うことにしました。
また、正式タイトルがまだ決まっていないので、メンバーで案を出し合って次回ミーティングで投票して決めることになりました。


最後に


デジゲー博までちょうどあと一ヶ月です。僕にとって(おそらく他のメンバーにとっても)はじめてのことばかりですが、良い経験になると思うので出来る限りのことはしていきたいです。
はじめまして。
(いちおう)LuftelliリーダーのCincです。Luftelliではデジゲー博に向けてこんなゲームを作っています。

作っているゲームのスクショ
CTM_ss_meeting17_1  
星型のマシンにボール状のキャラが乗っているこの光景、なんか見覚えがありますね。

それは良いとして、全然完成していません。悲しいです。まあそれも一旦置いておくとして……

ブログを開設したのはいいものの、なかなか更新する機会がつかめず数ヶ月が経過してしまいました。そこで、改めてメンバーの紹介と、ゲームを制作することになった経緯、製作しているゲームの概要と進捗をまとめたいと思います。


メンバーと担当


メンバーは4人です。

  • Cinc(僕): 過去にUnityだったりDXライブラリ&C++だったりを使ってゲーム(それはもうしょぼい変なやつ)をつくったことがあるので、頼りないですがリーダーになりました。全体の進捗管理やプログラム全般が担当です。
  • S丼: Unityを使った経験があり、プログラムも組めます。全体的なデザインとGUI作成や画像素材作成が担当です。
  • Lui: ゲームとゲーム音楽が好きで、作曲にも挑戦しているそうです。音楽・効果音と広報(ブログやTwitter管理)が担当です。
  • Van: 遊戯王が好きで遊戯王の大会のようなもので優勝したことがあるらしく、VBAを使ってExcel上で遊べる遊戯王のゲームを作ったこともあるようです。3Dモデル作成とエフェクト作成が担当です。


ゲームを作ることになった経緯


僕とS丼、Luiは研究室の同期で、S丼がUnityを使ってなにか作ろうと提案したことから始まりました。はじめはVRを使った何かを作りたいという話だったのですが、VRに必要な機材を調べてみると値段がとても高い……
ということで話し合った結果、僕とS丼がゲームキューブのソフト「カービィのエアライド」が好きだったことから、Unityの物理演算を使ったエアライドのようなゲームを作ろうということになりました。Luiもゲーム好きでゲームを制作することに興味があることから参加することが決定し、S丼の友人であるVanも興味を持ち参加、合計4人でゲームを作っていくことに決まりました。

しかし作るゲームは決まったものの、何か明確な目標がなければ自然消滅してしまう恐れがあります。色々調べた結果、研究室の先輩が提案してくれた2017/11/12(日)にあるデジゲー博での出展を目指してゲームを製作していくことに決めました。

それからチーム名を「Luftelli」に決め、定期的にミーティングで4人集まりながらデジゲー博に向けてゲームの制作を進め、今に至ります。


どんなゲームを作っているか


上でも書きましたが、目標は「物理演算を用いたエアライドのようなゲーム」です。「物理演算を用いた」と言うのは、以下の画像のような感じに建物を破壊できるということを表しています。

奥の建物は攻撃を加えると壊れて分割されていく
CTM_ss_meeting17_2 

ゲーム内容についてもう少し具体的にいうと

  • 2チームに分かれた対戦形式のゲーム
  • それぞれのチームは自分の塔を持っており、自分チームの塔が倒されたら負け。逆に相手チームの塔を倒せば勝ち
  • エアライドのようにマシンを乗り換え出来て、アイテムでパワーアップできる
  • ネットワーク対戦できる

です。細部についてはその都度説明しようと思っています。


現在の進捗


進捗は非常に悪いです。当初の計画を数回後ろ倒ししたのですが、それでも間に合うかどうか微妙なところです。
各メンバーがゲーム制作以外で忙しいこと、僕がオンラインゲームの制作経験はなかったのでネットワーク部分で時間がかかったことなど原因はいくつか挙げられますが、最も大きいのは僕の建てた計画とスケジュール管理が甘かったことにあるでしょう。
ただ、この間デジゲー博当選のメールが届きデジゲー博に参加することが確定したので、計画を立て直して出来る限りは完成に近づかせます。

数日前にようやくネットワークを介して通信ができるようになったので、今日の第17回定期ミーティングでメンバーと通信テストを行いました。冒頭のスクショはその時のものです。バグもいくつか見つかってしまったので、修正しないといけません。

壁をすり抜けて外に出てしまい、戻れなくなった様子
CTM_ss_meeting17_3 

また、通信テストを行ったといってもプレイヤーの位置を同期できるだけで、ゲームとして成り立っていません。
デジゲー博まであと49日しかありませんが、遊べるレベルまでは完成させるつもりです。
メンバーがそれぞれ忙しくなかなか大変ですが、応援しまくってください😭
プロフィール

Luftelli

Author:Luftelli
ゲーム開発を行なっている4人のチームLuftelliです。
今はデジゲー博2018に向けて、対戦型シューティングゲーム「LightningGravity」を制作しています。

チーム連絡先: Twitter, メール

メンバー
・Cinc: リーダー、プログラム担当
 個人連絡先: Twitter, メール
・S丼: デザイン・素材管理、GUI・2Dグラフィック担当
・Lui: 広報、音楽・BGM担当
・Van: エフェクト・3Dモデル担当

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。